白ひげ海賊団傘下のエポイダは、ムシムシの実 モデル“ミノムシ”の能力者? それともバルバルの実の風船人間?

ムシムシの実 モデル“ミノムシorミノガ”?
能力者:エポイダ
所属:白ひげ海賊団傘下
能力:ミノムシの能力を得る?
悪魔の実確率:60%

2015-11-30 16-48-01-016
画像引用:ONE PIECE 単行本57巻

海軍との頂上戦争に戦いに参加した白ひげ海賊団傘下海賊エポイダは、体型や動きがイモムシのように特殊なため悪魔の実の能力者である可能性が考えられます。
海賊旗もイモムシを強調するようになっているので、イモムシと何らかの関係があることは確実のようです。

しかし、今まで登場したムシムシの実の能力であるカブトムシやスズメバチも幼虫時代はイモムシのような姿形をしていますが、能力者は成虫の能力を得ていました。
そう考えると、ムシムシの実でイモムシの能力を得ているということに疑問を感じます。

生涯イモムシのような姿で過ごす昆虫でもいれば別なのですが・・・

実は、それがいるのです!!
それはミノムシのメスで、正確にはミノガ科という昆虫のメスのほとんどがサナギになった後、羽も足もないイモムシのような成虫に姿を変えます。
ですので、エポイダはムシムシの実 モデル“ミノムシorミノガ”という可能性は十分あるのです。

ムシムシの実以外で考えられそうなのは、体型からバルーン型風船の能力を得るバルバルの実の風船人間なども考えられるかと思います。
ただ、海賊旗もイモムシっぽいデザインになっているので、やはりイモムシに関する能力者の方が可能性が高いのかと思います。

未確定の悪魔の実一覧
組織別悪魔の実の能力者一覧