人造悪魔の実『SMILE』は不完全な欠陥品か?

人造悪魔の実『SMILE』は不完全な形でしか能力を発揮できない可能性が高いようです。

2015-12-07 06-33-22-820
画像引用:週刊少年ジャンプ 2016年1号

天才科学者シーザーの科学力とトンタッタ族の植物の知識により完成された人造悪魔の実『SMILE』ですが、本物の悪魔の実とは異質のものと考えたほうが良いのかもしれません。
ONE PIECE 809話『ネコマムシの旦那』では、百獣海賊団の一員の手のみが狼になる描写がありましたが、百獣海賊団に数百人の人造悪魔の実の能力者がいるという状況から考えると、この描写はSMILEによる能力発動と想定されます。
手が悪魔の実食べたのか、悪魔の実の能力が手にだけ宿ったのか分かりませんが、いずれにせよ、人造悪魔の実『SMILE』は本物の悪魔の実のように能力の完全な発動はできないものと思われます。

逆に考えると、ベガパンクの人造悪魔の実は失敗作と言われていたものですら完全な竜の姿になっていましたので、相当レベルの高いものだったということなのかもしれません。