悪魔の実図鑑 付録25ページ 【キュブキュブの実】

キュブキュブの実
能力者:ガイラム
所属:ワールド海賊団(機関士兼戦闘員)
能力:触れたものをキューブ状に切り取ることができる

今回紹介するキュブキュブの実は、名前がとても言いづらく舌どころか口の中まで噛みそうですが、能力自体はかなり強力な悪魔の実だと思われます。
触ったものをキューブにできる能力はある程度の範囲まで波及するようですし、キューブ化したものもある程度コントロールすることが可能です。
これらの能力を使った直接的な攻撃はもちろん強力になりますが、足場や天井を突然崩すような間接的な攻撃も強力になることでしょう。
ただ、これらの強力な攻撃にキューブという形状はほぼ関係がなく、強力なのはあくまで切り取る能力です。

キューブの形状が活きる使い方としては、石切り作業が挙げられます。
石切りの作業は危険かつ重労働な上、石はまっ平らに切る取ることがとても難しくなっています。
キュブキュブの実ではキューブ状(正六面体)にしか石を切り取れないため更なる加工が必要になるでしょうが、まっ平らな石は時代や場所を問わず一定量の需要があるため、高品質な平らの石をあっという間に作れるキュブキュブの実の能力者は、石切りや石の加工現場から重宝されることは間違いないでしょう。

日本におけるまっ平らな石の代表的な使用例は墓石です。
決して明るい話題ではないですが、墓石というものが社会において常時必要なことは説明するまでもありません。
世界的に目を広げても、大理石の床などで表面がまっ平らな石が使われていますし、時代を遡った場合でもピラミッドなどに大きく平らな石が使われていたことは広く知られています。
ましてやピラミッドの建設ラッシュだったエジプト古王国の時代にキュブキュブの実があれば、ピラミッド建設の効率化が図られエジプトのピラミッドの数や大きさがまるで違う規模になっていたかもしれません。

また、同じような利用方法として塩田や炭田などでも有効活用ができると思われ(キューブ状である必要はないが)、キュブキュブの実はそれなりに使い道のある能力だと思われます。

作中での疑問点
・キューブ状に切り取っても崩れない船

実生活での利用方法
・天空の城ラピュタが実写化されたとき、城の内部を再現する
・キューブ状のゲーム機を発売して売り上げ的に大コケてみる
・口、回、田、品などの漢字を多用してみる(ちなみに以上の漢字は全て本文で使われています)

能力まとめ
タイプ:超人系(パラミシア系)
初登場:TVアニメスペシャル(“3D2Y”)
攻撃力:★★★★☆
防御力:★★★☆☆
利用法:★★★☆☆
推定価格:1億4000万ベリー

悪魔の実図鑑付録26ページ(ニトニトの実)へ
悪魔の実図鑑付録24ページ(モアモアの実)へ
原作以外に登場する悪魔の実一覧