悪魔の実図鑑 61ページ 【バリバリの実】

バリバリの実
能力者:バルトロメオ(人喰いのバルトロメオ)
所属:海賊団バルトクラブ(船長)
能力:自在にバリアを張ることができる

2015-12-01 05-27-31-674
画像引用:ONE PIECE 単行本71巻
悪魔の実の能力は、大抵何かしらの攻撃能力が付随しますが、このバリバリの実に関しては攻撃能力がほぼ皆無です。
バリアというもの自体が極めて防御能力に特化しているため、バリバリの実も攻撃能力よりも圧倒的に防御能力に長けた能力になることは明白です。
とはいえ、工夫次第でバリアも攻撃に活用することが可能です。
その活用法とは、相手の攻撃力を使ったカウンター攻撃です。

戦闘中に1番ダメージを受けやすいときは、防御の意識が最も低下している攻撃の最中です。
ですので、どんな攻撃をも弾き返すことができるバリアの能力を使えば、とても効果的なカウンター攻撃が可能となります。
このカウンター攻撃を可能にするには、
1、攻撃をする相手と自身の位置が近い
2、相手の攻撃力が大きい
3、自身の能力が相手に知られていない
などの条件が必要です。
1に関しては、至近距離からの攻撃であるという意味ですが、銃撃などの遠距離攻撃では、攻撃は防げてもその攻撃を相手に返すことができません。
また、攻撃力が小さければ相手へのダメージも大きくならないので、2もカウンター攻撃の条件となります。
逆に言えば相手の攻撃が強ければ強いほど、相手に与えるダメージも強くすることができます。

ONE PIECE magazine Vol.1 (集英社ムック)
尾田 栄一郎(原著)
集英社(刊)
2017-07-07
ONE PIECE magazine Vol.1をAmazonで購入
そして、最も重要なのは3の『自身の能力が相手に知られていない』ということです。
もし相手に自身がバリバリの実の能力者だということがバレていたら、相手は攻撃してこないので勝負は無得点ドロー(お互いが攻撃をせずに勝負が終わる)という最もつまらないものとなってしまいます。
またこのことは、このカウンター攻撃が1回でも失敗すれば勝負は引き分けで終わってしまうことも意味しています。
ですので、バリアを使ったカウンター攻撃は、ここ1番で確実に決めなければなりません。
そのためにバリバリの実の能力者求められるのは、高い芝居の能力と、相手の攻撃をあえて1発ぐらい喰らってでも油断を誘う覚悟となります。
カウンター攻撃を狙うということは、結局悪魔の実の世界でもリスクを背負うことに変わりがないようです。

日常的な使い方では、鬼ごっこなどで無敵にはなれますが、そのようなことにバリバリの実の能力を利用すれば確実に友達に嫌われるでしょう。
場合によっては仲間外れにもされかねず、その結果引きこもり人生を歩んでしまうかもしれません。
しかし、こんな時でもバリバリの実は役に立ちます。
バリバリの実の能力さえあれば、自分と社会との間にバリアを張って、完全なる引きこもり生活を全うすることができるのです!

そんな引きこもり人生も悪くないかなと思う人は、是非鬼ごっこでバリバリの実の能力を“バリバリ”使ってみてください。(;^_^A

作中で感じる疑問
・能力者が有名なのに周りの人物に能力がバレていない

実生活で利用方法
・バリバリのツッパリになってみる
・バリバリ伝説が実写化された際に主人公になる

能力まとめ
タイプ:超人系(パラミシア系)
初登場:709話
攻撃力:☆☆☆☆☆
防御力:★★★★★★
利用法:★☆☆☆☆
推定価格:3800万ベリー

悪魔の実図鑑62ページ(ヌイヌイの実)へ
悪魔の実図鑑60ページ(グルグルの実)へ
原作に登場する悪魔の実一覧
組織別悪魔の実の能力者一覧
悪魔の実の推定価格一覧