悪魔の実図鑑 67ページ 【アトアトの実】

悪魔の実図鑑(原作)
画像引用:ONE PIECE(著者:尾田栄一郎、発行元:集英社)

アトアトの実の能力とは?

能力:あらゆるものをアート作品にできる
タイプ:超人系(パラミシア系)
初登場:718話
攻撃力:★★★☆☆
防御力:☆☆☆☆☆
利用法:★☆☆☆☆

アトアトの実の能力者情報

能力者:ジョーラ
異名:-
所属:ドンキホーテファミリー(幹部)→ 逮捕
懸賞金:-
年齢:61歳
生年月日:1月25日
身長:221cm

スポンサーリンク

アトアトの実の能力を考察する!

芸術とはなにか?

『芸術とは何か?』この問題の答えを出すことは、簡単なことではありません。
芸術に対する価値観は人によってだいぶ違いますし、事実、高値で取引されるピカソの絵に何の価値も感じないという人も大勢います。

これが何を意味するかというと、たとえアトアトの実の能力で作られた作品だからといっても、芸術性が高いとは限らないということです。

悪魔の実の能力者であるのなら、その分野に特質した能力を持ち合わせるわけですが、芸術・アートという分野に置いてはその限りではありません。
それどころか、アトアトの実ではアート作品を量産できるので、却って作品の価値を下げてしまう可能性すら考えられます。
悪魔の実によるアート作品は唯一無二であるため、多少注目を集め展示会などを開くことも可能でしょうが、後世に残るような作品を作れるのかは疑問です。
それほど芸術とは難しいものなのです。

芸術家は運動が苦手?

難しい価値観が必要な芸術と違って、スポーツや格闘技などは結果がすぐに現れ見ていてとても分かりやすく感じます。
スポーツや格闘技などは、ある意味で芸術とは対極にある存在です。

そのため、芸術家というものはスポーツが苦手の場合が多く、特に戦闘などには縁遠い存在です。
つまりアトアトの実の能力は、戦闘向きではない可能性が高いと思われます。
対象物を変化させられるという意味ではそれなりに戦闘でも効果はありそうですが、アトアトの実を食べた能力者は芸術志向が強くなり、戦闘などにも芸術性を求めだす可能性も考えられますので、結局は戦闘向きにはならないでしょう。

アトアトの実に値段を付けるなら?

芸術は本当に難しいので、アトアトの実に値段を付けることは正直難しいと言わざるを得ません。
ただし、現在ではアート作品が投機目的で売買されたりもするため、アトアトの実の能力者が手掛けた作品もそれなりに価値が出ると思われます。
悪魔の実の能力者という注目の集まりやすさも考慮して、当図鑑はアトアトの実に、

1億2000万ベリー

の値段を付けたいと思います。

悪魔の実推定価格一覧(独自考察)
当サイトのメイン記事である悪魔の実の能力を独自考察する『悪魔の実図鑑』では、悪魔の実ごとに独自の推定値段を設定しているので、その推定値段をまとめました。 推定価格は、ゴムゴムの実の1億ベリーをベースとして考え、下限は1000万ベリーとして...

アトアトの実に感じる作中での疑問

・アート=ピカソという短絡的な概念

アトアトの実の能力を実生活で使うなら?

・アート作品の価格破壊に挑戦してみる
・爆発してみる(芸術は爆発だ)
・難しい問題を“後々”に回してみる
・引越しする際にアート引越センターを利用する

結論!!

アトアトの実の能力の有効的な使い方はいまいち思いつかないのですが、アートや芸術というものが人それぞれの感性によるものが大きいように、アトアトの実の能力についても理屈っぽく考えること自体が間違いなのかもしれません。

スポンサーリンク

悪魔の実クイズ

スイスイの実の能力の説明として正しいものは?
トリトリの実 モデル“フェニックス”の能力者“マルコ”の白ひげ海賊団時代の役職として正しいものは?
リュウリュウの実 モデル“プテラノドン”の対象動物であるプテラノドンの分類として正しいのは?
悪魔の実クイズ サンプル
{{maxScore}}問中{{userScore}}問正解です!!
{{title}}
{{image}}
{{content}}
尾田栄一郎原作の大人気漫画『ONE PIECE』に登場する“悪魔の実“が現実にあったら?という観点にたち独自の考察を行っています。

悪魔の実アンケート

作中で最強だと思う悪魔の実は??
選択肢に違和感や不満がある方は、全ての悪魔の実から選択が可能な以下のアンケート記事から投票してください。(^_^;)
スポンサーリンク

関連記事

悪魔の実図鑑68ページ(イトイトの実)へ
悪魔の実図鑑66ページ(ムシムシの実 モデル“スズメバチ”)へ
原作に登場する悪魔の実一覧
組織別悪魔の実の能力者一覧
TOPに戻る

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました