悪魔の実図鑑 54ページ 【マトマトの実】

マトマトの実
能力者:バンダー・デッケン九世
所属:フライング海賊団(船長)
能力:手で触れたものを何でも的のように射止めることができる

2015-11-30 16-35-55-587
画像引用:ONE PIECE 単行本63巻
この能力の肝は、的となる対象を手で触れなければならないことです。
戦闘においてどんなに強力な能力であっても、能力を発動する前に対象相手を1度触れるという行為は簡単なことではありません。
少なくとも、突発的な戦闘において、このような能力が大きな成果を上げることは少ないでしょう。
攻撃対象も手の数しかないため、大抵の人は同時に2人を攻撃することもできません。
※タコの魚人やアシュラマンなどは同時に多くの相手に対し攻撃が可能。

攻撃方法はナイフなどを投げつけることが定番かと思うでしょうが、実際この攻撃方法がうまくいくかは不明な点が多いと言えます。
マトマトの実の能力によりナイフは確実に対象となる相手に飛んでいくでしょうが、ナイフの刃先が都合よく対象相手に向くとは限りません。
また、そのナイフが人に大きなダメージを与えるだけの力が加わっているかも疑問です。
ナイフが対象に向かっていくことは保証されるでしょうが、そこに勢い(速度)が加わらなければ十分な攻撃力を得ることはできないのです。
このような問題点を改善するには、能力者自身がそれなりの練習と経験を積む必要にあるかと思われます。
マトマトの実の能力を得て間もない状況で戦闘をする場合は、手裏剣やマキビシのようなできるだけ全方向に刃が向いているものを投げてみるのがいいでしょう。
※爆弾を投げつける方法を思い浮かべる人もいるでしょうが、爆弾の入手が極めて困難なことは、冷静に考えれば誰でも分かることだと思います。

ONE PIECE magazine Vol.1 (集英社ムック)
尾田 栄一郎(原著)
集英社(刊)
2017-07-07
ONE PIECE magazine Vol.1をAmazonで購入
通常の人間は同時に2箇所にしか的にできないため、日常的には効果的な使い方が少ないと思われるでしょうが、そんなことはありません。
電話、FAX、電子メール、インターネットを使ったクラウド技術が発展した現在社会ですら、紙媒体などでの直接的なやり取りは頻繁に行われています。
業種や会社の規模にもよりますが、本社と支社、親会社と子会社、大口の取引先間などの決まった場所と場所とで1日に多数の紙媒体のやり取りが行われることがあり、その中には急を要するものが多々あります。(都心部などで多く見られるバイク便や自転車便(メッセンジャー)なども、大半は印刷・出版系の企業による紙媒体のやりとりとなっている)

ですので、大きな会社にとってはたった2箇所と言えども、素早く確実に物を発送してくれるマトマトの実は非常に有意義な能力となります。
ただし忘れていけないことは、マトマトの実で何かを送る場合、受け取る側の相手(できれば2人)も必要となることです。
更に、途中で遮断物にぶつかったり人に荷物を取られたりしないように、物を送る側も受け取る側も高いところにいる必要があります。(少なくとも片方はそれなりに高い必要がある)
以上のことからマトマトの実の能力は、高いビルにある大企業で、そこ(主に屋上)から目に入る場所に大口の取引先があるという会社にとって有意義な能力となります。(もしくはこの逆)
そんな細かいことまで限定したら、対象となる会社なんてほとんどなくなると思われるでしょうが、実際大企業は背の高いビルにある場合が多く、その屋上からはかなり広範囲まで見渡せるので、それなりの企業が対象となるはずです。
また送る物は、受け取る側の危険性や、破損のリスクなどを考え紙媒体程度にとどめておいたほうがいいでしょう。
更にこの利用対象を海外にまで広げれば、その利用価値は大幅に広がることになります。
海上には遮断物がない場合が多いので、海を隔てた輸送はかなり有効な使用法かと思われます。

この利用法は、時代が遡っても使うことができます。
江戸時代なら、幕府に支え朝廷や関係の深い紀州藩あたりを送り先としてメモリーするのがいいかと思います。(能力的に山を越えることができるのかは不明)
ワンピースの世界で言えば、世界政府や革命軍などの広域で活動している組織で働くことが有効かと思います。
いずれにせよ、どのような時代・状況であっても大きな組織で働くことがポイントです。
逆に言えば、マトマトの実の能力者は大企業や省庁などに高確率で就職することができるかもしれません。

このように意外に使い道のあるマトマトの実ですが、手を洗うと効果がなくなるようなので、能力を使いたいなら能力者は手を日常的に洗うことができないという、不快極まりない状況に陥ることだけは忘れないようお願いします。(;^_^A

※マトマトの実は作中において“マトマトの呪い”と表現されていますが、“マトマト”という言葉は悪魔の実以外にはほとんどない表現なので、“マトマトの呪い”という表現が出た時点でマトマトの実の登場としています。

作中で感じる疑問
・どうせならタコの魚人とかを能力者にすればよかったのに

実生活での利用方法
・遠距離恋愛の相手に愛の手紙を送ってみる(ただし長期間手を洗っていなことをお忘れなく)
・まぁトマトでも食べてみましょうか

能力まとめ
タイプ:超人系(パラミシア系)
初登場:613話
攻撃力:★★☆☆☆
防御力:☆☆☆☆☆
利用法:★★★☆☆
推定価格:1億4000万ベリー

悪魔の実図鑑55ページ(オペオペの実)へ
悪魔の実図鑑53ページ(ヌマヌマの実)へ
原作に登場する悪魔の実一覧
組織別悪魔の実の能力者一覧
悪魔の実の推定価格一覧