悪魔の実図鑑 33ページ 【ヤミヤミの実】

ヤミヤミの実
能力者:マーシャル・D・ティーチ(黒ひげ)
所属:白ひげ海賊団(2番隊隊員)→ 黒ひげ海賊団(船長)
能力:体を闇にできる

2015-11-19 15-58-36-270
画像引用:ONE PIECE 単行本46巻
ヤミヤミの実の能力は、自然系悪魔の実にもかかわらず攻撃を受け流せなかったり、相手の悪魔の実の能力を無効化できたりと、今までの概念を大きく覆す悪魔の実です。
そんなヤミヤミの実の能力が覆しているのは、“悪魔の実の概念”だけではありません。

まず簡単に闇の概念について説明します。
闇とは光のない状態をいい、現実的には太陽が沈ずんだり、洞窟に入ったりしたときのことを言います。

しかし作中の描写を見る限り、ヤミヤミの実の能力は闇というよりブラックホールの能力でした。
ブラックホールは、光がない闇の状態とは少し違います。
ブラックホールとは光をも引き込むほどの高重力な天体で、あくまで1つの星です。
光は1秒で地球を7週半するほど高速に進みますが、このように高速に進む光をも引き込んでしまうのがブラックホールなのです。

天体がブラックホールになるには極端なほどの高質量が必要になり、太陽も今の質量のまま直径6kmまで縮小するとブラックホールになると言われています。
そして地球に至っては、1cm程度まで縮小しないとブラックホールにはなりません。
このような高質量・高重力のブラックホールを地上で発生させたら何が起こるか予想できません。
正直、悪魔の実の能力を無効化できるとか、痛みをも引き込んでしまうなんてレベルの話ではなく、地球が消滅しかねないほどの危険な能力です。

しかしブラックホールの能力なら、闇が煙のように発生する描写ではなく、光の方が引き込むまれるような描写になるはずです。
そうならないということは、煙のような闇の中にマイクロブラックホールを作り出し、その数や大きさで引き込む力を調整しているのかもしれません。

いずれにせよ、1cmに地球1個分の質量がある程の能力なので、作中の能力者同様、悪魔の実の中でも最強に部類される能力だと思われます。

作中で感じる疑問
・引き込んだ物は重力で押しつぶされているはず
・強力なので無理して地震の能力なんて足さなくてもいい

実生活での利用方法
・地球規模の災害を考慮し使用不可!

能力まとめ
タイプ:自然系(ロギア系)
初登場:440話
攻 撃力:★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
防御力:☆☆☆☆☆
利用法:☆☆☆☆☆
推定価格:販売不可

悪魔の実図鑑34ページ(ヨミヨミの実)へ
悪魔の実図鑑32ページ(アワアワの実)へ
原作に登場する悪魔の実一覧
組織別悪魔の実の能力者一覧
悪魔の実の推定価格一覧

コメント

  1. より:

    攻撃力のところの星の数w
    筆者は学生さんかな??