悪魔の実図鑑 27ページ 【ドアドアの実】

ドアドアの実
能力者:ブルーノ
所属:CP9(諜報部員)→ ?
能力:触れたものをドアにできる

2015-11-19 15-54-34-670
画像引用:ONE PIECE 単行本40巻
このドアドアの能力を、○ラえもんの“どこでもド○”と同じような能力と考えている人は多いと思います。
しかしドアドアの実の能力は、あくまで触れたものをドアにする能力であって、ド○えもんの“どこでも○ア”とは似て非なる能力です。

違いがわからない人も多いかと思いますので説明しますと、もしドラ○もんの“どこで○ドア”とドアドアの実の能力が、同じようにワープをする能力であるのなら、作中重要人物を護送する際にわざわざ海列車なんて使う必要はありません。
またCP9の活躍を描いた扉絵連載でも、移動(エニエス・ロビーからセント・ポプラの移動)にドアドアの実の能力は使われてないようですし、ハッキリと船を使って移動しているシーン(セント・ポプラからCP9の故郷への移動)も見受けられます。
このように、作中ドアドアの実はワープなどに使われたことは一切ありません。
これは作中の描写を見れば明らかなのですが、ドラえ○んの“どこ○もドア”のイメージが強いため、ドラえもんの“どこでもドア”とドアドアの実の能力を同一視してしまう人が多いようです。

ONE PIECE magazine Vol.1 (集英社ムック)
尾田 栄一郎(原著)
集英社(刊)
2017-07-07
ONE PIECE magazine Vol.1をAmazonで購入
特にこのことをわかりづらくしているは、空気開扉(エアドア)の能力です。
エアドアの能力を発動すると別の空間に移動し、その中では現実の空間が透けて見えるようです。
そしてその別の空間内を普通に歩いて(もしくは剃などの高速移動を使って)移動し、もう1度エアドアの能力を発動し現実の空間に戻ってくるという仕組みのようです。
このように、ドアドアの実はどこかに一瞬で移動できる能力ではありません。

ドアドアの実(エアドア)にできることは、“身を隠しながらの移動”が正解なのです。

この身を隠しながらの移動が最も役に立つ職業は、作中の能力者がそうだったように諜報部員かと思われます。
対象となる相手をつけまわしたり、対象となる建物に潜入して別空間に隠れるなど、ドアドアの実はマネマネの実と同様に最高レベルに諜報能力を発揮する悪魔の実と言えるでしょう。

また空気開扉(エアドア)の能力は、スケスケの実以上に如何わしいことにも使えそうですが、ここでは社会的悪影響を考え説明は避けたいと思います。(;^_^A

作中で感じる疑問
・エアドアってどこに行ってるんだ?

実生活での利用方法
・かくれんぼで絶対見つからない
・人生に行き詰まったとき未来の扉を開けてみる

能力まとめ
タイプ:超人系(パラミシア系)
初登場:343話
攻撃力:★☆☆☆☆
防御力:★★★☆☆
利用法:★★★☆☆
推定価格:1億8000万ベリー

悪魔の実図鑑28ページ(ネコネコの実 モデル“レオパルド”)へ
悪魔の実図鑑26ページ(ヒエヒエの実)へ
原作に登場する悪魔の実一覧
組織別悪魔の実の能力者一覧
悪魔の実の推定価格一覧