悪魔の実図鑑 9ページ 【ウシウシの実 モデル“バイソン”】

ウシウシの実 モデル“バイソン”
能力者:ドルトン
所属:ドラム王国(守備隊長)→ サクラ王国(国王)
能力:バイソン(野牛)の能力を得る

2015-11-07 12-39-07-227
画像引用:ONE PIECE 単行本15巻
ウシウシの実 モデル“バイソン”の能力は、動物系(ゾオン系)と呼ばれる能力で、今まで紹介してきた超人系・自然系の能力とは違った系統の能力となります。
動物系の悪魔の実とは、対象となる動物の体に変化したり、その動物の持つ能力を得ることができる能力です。

そしてバイソンとは、ウシ目ウシ科の動物でアメリカ大陸最大の動物となります。(ただし沿岸部に生息するゾウアザラシやセイウチは除く)
このバイソンとは草食動物ながら、あのグリズリー(灰色熊)すら打ち負かすことがあるというかなり強力な動物で、寒い地域で大きな群れを形成し暮らしています。
と、ここまでバイソンについて説明しましたが、これでは悪魔の実図鑑ではなくただの動物図鑑です。(;^_^A
これが動物系能力を説明する難しさで、どうしても動物系の能力を説明しようとすると、その動物の特徴ばかりを説明しがちになってしまいます。
ただし当悪魔の実図鑑は、しっかりとウシウシの実 モデル“バイソン”の利用方法を探っていきたいと思います。

ONE PIECE magazine Vol.1 (集英社ムック)
尾田 栄一郎(原著)
集英社(刊)
2017-07-07
ONE PIECE magazine Vol.1をAmazonで購入
まず、バイソンという動物は寒さに非常に強いので、日常生活でも寒さ対策に使えるでしょう。
夏は人型で過ごし、冬は動物型で寒さを防ぐことなども可能かもしれません。
また、人がなかなか踏み込めない寒冷地への探索などにも役に立つと思われます。
更に体を動物型に変化させバイソンの群れの中に紛れ込み、バイソンの1年間を記録したドキュメンタリー映画などの製作するのもいいでしょう。
通常では不可能な近距離からの撮影を長期間に渡って撮ることができれば、かなり貴重な映像を残ることも可能になると思います。
ただし、群れを作る動物はよそ者に対し非常に警戒心があるので、群れの中に入り込むにはかなりの根気が必要になるかもしれません。(;^_^A

このような利用法もいいですが、やはり動物系悪魔の実の最大の特徴は変化能力だと思います。
ですので、この変化能力を使いショーなどを開催する方が実用的で面白いかもしれません。
ただ、変化能力だけで大々的なショーを行うのは、無理があるといわざるを得ません。
そこで当図鑑が1番お勧めするウシウシの実 モデル“バイソン”の使い方は、幼稚園や小学校などを巡って変化能力を使い子供たちを楽しませることです。
休みの日はショッピングモールなどに出向いてショーを行うこともいいでしょう。
この手の能力は子供受けすること間違いなしなので、このような子供向けの小規模なショーでの使い道が1番有効的かつ友好的な利用法かと思います。

そして最後にもう一つウシウシの実 モデル“バイソン”の利用法を紹介します。
それは、食生活を草食(雑草)にすることで食費を抑えることです。
実はこれが1番有効的な利用法かもしれませんね。(;^_^A

作中で感じる疑問
・食生活
・性生活

実生活での利用方法
・バイソンと人間の通訳
・動物の気持ちに立って動物愛護を考える

能力まとめ
タイプ:動物系(ゾオン系)
初登場:136話
攻撃力:★★☆☆☆
防御力:★☆☆☆☆
利用法:★☆☆☆☆
推定価格:5000万ベリー

悪魔の実図鑑10ページ(ヒトヒトの実)へ
悪魔の実図鑑8ページ(バクバクの実)へ
原作に登場する悪魔の実一覧
組織別悪魔の実の能力者一覧
悪魔の実の推定価格一覧