悪魔の実図鑑 52ページ 【マグマグの実】

マグマグの実の能力とは?

能力:体をマグマにできる
タイプ:自然系(ロギア系)
初登場:単行本62巻SBS
攻撃力:★★★★★
防御力:★★★★★
利用法:★★☆☆☆

2015-11-30 02-01-35-462
画像引用:ONE PIECE 単行本59巻

マグマグの実の能力者情報

能力者:サカズキ
異名:赤犬
所属:海軍本部(大将)→ 海軍本部(元帥)
懸賞金:-
年齢:53歳 → 55歳
生年月日:8月16日
身長:306cm

マグマグの実の能力を考察する!

マグマグの実の能力は、メラメラの実より上位?

マグマグの実は同じ火・熱を扱うメラメラの実より上位に位置する悪魔の実です。
まずは、このことについて少し考えてみます。

火もマグマも同じように熱を発しますが、同じ“大きさ”の火とマグマなら、マグマの方が熱量は大きいと思われます。
例えば、ろうそくの火は息を吹きかけるだけで消えますが、ろうそくの火と同じ大きさのマグマに息を吹きかけてもマグマはまだまだ熱いままです。
一斗缶で行う焚き火の火は濡れたバスタオルなどで簡単に消せますが、一斗缶サイズのマグマに濡れたバスタオルをかけても、水分は蒸発してバスタオルは燃えてしまうでしょう。

このように、火よりマグマの方が熱量があることは間違いないと思います。
この熱量の差について最も分かりやすい例は、マグマで火を起こすことは簡単なのに対し、火でマグマを作るのはとても大変で、かなりの火力と時間を要するということです。
それもそのはずで、マグマとは数十億年単位の地球の営みの結果生まれる物質であり、一瞬で燃える火とはまるで別のものとなっています。

そして1番の違いは、マグマは物質であるということです。
マグマは物体(岩石)に熱のエネルギーを貯めているので、長時間に渡り熱を持ちつづけます。
この点は、攻撃利用する際に有意義に働くことが多いでしょう。
何日間も熱を持ち続けるマグマを攻撃に利用するなど、ほとんど反則と言っていいかもしれません。
このような強大な熱エネルギーを持つマグマをまともに使われると、メラメラの実はおろか、おそらく相対する能力であるヒエヒエの実であっても対処は不可能だと思われます。

マグマグの実の能力の弱点①

しかし、マグマグの実には決定的な弱点があります。
それは先ほど説明した物質を伴っているという点です。
長時間危険な物質が存在するということは、扱いが非常に厄介なのです。

マグマグの実の能力は、街を完全に破壊するような攻撃には極めて有効でしょうが、ちょっとした利用には全く向いていません。
むしろ一般的な常識を持ち合わせていたら、街などではまず使えないでしょう。
マグマでは火に強い石や鉄なども溶かしてしまう可能性がありますし、何より物質が伴っている以上、能力により発動したマグマは後に岩石としていつまでもその場所に残ってしまいます。
このことは、能力を使われる場所に住む人間にとって迷惑以上の何者でもありません。
この点は、扱いやすく実際人間社会でも広く利用されている火より劣っていると言えるでしょう。

マグマグの実の能力の弱点②

マグマグの実の能力のもうひとつの弱点として、マグマの動きが遅いという点があります。
地球の奥深くではマグマの動きも早いかもしれませんが、地表に出てきたマグマはドロドロしている上、表面が常に冷やされているため非常にゆっくり動きます。(そのためハワイなどではマグマの目の前まで近づくことができ、観光名所にもなっています)
この点も、火の能力より劣っていると言えるでしょう。

マグマグの実の能力者と対峙した場合は?

マグマグの実の能力者と相対することになった場合の対処方法については、海に逃げる以外考えられません。
マグマグの実の能力を最大限発動されれば、川の流れを止めたり、小さな湖を消滅させることすら可能になってきます。
しかし、海という膨大の水の前では、さすがのマグマもなす術がありません。
また、能力者は水が苦手なため、その点においても海に逃げることは有効的な方法です。

マグマグの実の能力の現実的な利用法、それは・・・

マグマグの実の戦闘以外の利用法は、おそらくそう多くないと思われます。
なぜかと言うと、マグマの熱を利用しようとすれば、無限に岩石という不要な産物が生み出されてしまうからです。
マグマは火より熱量があるでしょうが、扱いの難しさは火と比べ物にならず、利用価値の低い熱源でしかないと思われます。

事実、マグマは現在社会でほとんど何にも使われていません。

マグマグの実に値段を付けるなら?

マグマグの実の能力は強力ですが、利用法は非常に限られています。
利用法という概念であれば、マグマグの実よりメラメラの実のほうが遥かに上位に位置する悪魔の実になるでしょう。
以上のことを考慮して、当図鑑はマグマグの実に、

5500万ベリー

の値段を付けたいと思います。

悪魔の実推定価格一覧(独自考察)
当サイトのメイン記事である悪魔の実の能力を独自考察する『悪魔の実図鑑』では、悪魔の実ごとに独自の推定値段を設定しているので、その推定値段...

マグマグの実に感じる作中での疑問

・はるか上空まで飛び上がるマグマ
・意味不明な理論でエースが死ぬ

マグマグの実の能力を実生活で使うなら?

・水を蒸発させて自宅でサウナ風呂気分をを味わう
・地球の内部を旅してみる
・マグマ大使と朝まで語り明かしてみる

結論!!

マグマグの実の能力者が能力を完全解放した場合、悪魔の実の能力者の弱点である海楼石ですら溶かして無力化してしまうかもしれませんので、戦闘においてマグマグの実は作中最強クラスの悪魔の実であることは間違いないでしょう。
もし時代が大海賊時代ではなく大山賊時代であったら、マグマグの実の能力は、グラグラの実に変わる“世界を滅ぼす力”になっていたのかもしれません。

悪魔の実図鑑53ページ(ヌマヌマの実)へ
悪魔の実図鑑51ページ(ヒトヒトの実 モデル“大仏”)へ
原作に登場する悪魔の実一覧
組織別悪魔の実の能力者一覧
食べてみたい悪魔の実総選挙
最強だと思う悪魔の実アンケート
悪魔の実の能力者人気投票