悪魔の実図鑑 62ページ 【ヌイヌイの実】

ヌイヌイの実
能力者:レオ
所属:トンタッタ王国(トンタ兵長)
能力:何でも縫うことができる

2015-12-01 05-26-47-773
画像引用:ONE PIECE 単行本71巻
ヌイヌイの実を戦闘で使う場合、人を壁に縫い合わせて拘束する、両手や両足を繋ぎ合わせて動きを制限する、人と人を繋ぎ合わせて戦闘不能にするなどの利用法が考えられます。
他の悪魔の実の能力と比べて攻撃力が格段に高いとは言えませんが、人は縫うという行為で様々物を作り上げてきた経緯がありますので、工夫次第ではとても幅広い使い方ができるかと思います。

日常的な使い方では、ファッション業界などで活躍できそうですが、ファション業界で使う縫う技術は普通の人でも練習すれば得ることができる能力なので、わざわざ悪魔の実を食べて得るような能力ではありません。
その上、ONE PIECEの世界ですら手縫いは時代遅れですし、現実世界(日本)では雑巾すら買う時代なので、ヌイヌイの実の能力の持つインパクトは決して大きなものではないでしょう。
非常に複雑な形の衣料や細かな刺繍などの商品を作り、ヌイヌイの実の能力者が作ったものだということを全面的にアピールして商売展開してみるのもいいですが、耳の聞こえないことを全面的にアピールして作曲家が実際は聞こえていたという例もありますから、そのような商売方法が消費者に受け入れられるかは疑問が残ります。

むしろヌイヌイの実は、このような布を縫う能力よりも、医療関係などでの難しい縫合などで能力を発揮できるかもしれません。
手術で使われる技術の中において重要な役割をもつ縫合を完璧に行うことができれば、ヌイヌイの実もそれなりに意味のある能力として活用することができます。
しかしヌイヌイの実では縫うことしかできないので、他の手術技術及び医師免許は自身で取得しない限り、他人任せになるという欠点が生じます。
縫合の専門医など聞いたことはないですが、あくまで大きな手術チームの一員としてなら役に立つかもしれません。

正直、有効利用できる裁縫技術は非能力者でも努力次第で会得できますし、そもそも複雑な刺繍までもが機械であっという間に作ることができるこのご時世では、ヌイヌイの実によって得られる能力が大きなアドバンテージになるとは言えないと思われます。
ただ、裁縫道具という共通の概念を持ち、相性がとても良いと思えるイトイトの実の能力者と協力すれば、とてつもない能力を発揮する可能性が考えられます。(もしくは天敵にもなり得る?)
作中ではヌイヌイの実の能力者とイトイトの実の能力者は敵対していましたが、味方ならとてもいいコンビになっていたかもせれませんね。

※ヌイヌイの実は原作において“奇術 ぬいぬいの力”と表現されていますが、“ぬいぬい”という言葉は悪魔の実以外にはほとんどない表現なので、“奇術 ぬいぬいの力”という表現が出た時点でヌイヌイの実の登場としています。

作中で感じる疑問
・ガリヴァー旅行記のパクリ・・・

実生活での利用方法
・雑巾早縫い選手権に出場してみる

能力まとめ
タイプ:超人系(パラミシア系)
初登場:711話
攻撃力:★★★☆☆
防御力:★☆☆☆☆
利用法:★★★☆☆
推定価格:4200万ベリー

悪魔の実図鑑63ページ(ギロギロの実)へ
悪魔の実図鑑61ページ(バリバリの実)へ
原作に登場する悪魔の実一覧
組織別悪魔の実の能力者一覧
悪魔の実の推定価格一覧