悪魔の実図鑑 18ページ 【スパスパの実】

スパスパの実
能力者:ダズ・ボーネス(No.1、殺し屋ダズ)
所属:バロックワークス(オフィサーエージェント)→ 海賊?
能力:全身が刃物になる

2015-11-07 12-57-18-517
画像引用:ONE PIECE 単行本21巻
全身が刃物になるということは、(刃物で切れる)あらゆるものを切ることができるということであり、はさみやナイフなどを携帯しなくても、いつでも気軽に“何か”を切ることができます。
こんなことができるスパスパの実は、なんて素敵な能力なのでしょう・・・
とは到底思えません。

この程度の能力なら、良質なナイフ1本を持っていればそれで事足ることで、わざわざリスクを負ってまで悪魔の実を食べる必要はないでしょう。
また、作中見る限りスパスパの実の能力者の刃物を扱う能力が圧倒的に上がるわけでもないようです。
もし刃物を扱う能力が圧倒的に上がっているのなら、スパスパの実の能力者は世界一の大剣豪でなければなりません。
しかし作中におけるスパスパの実の能力者は、非能力者と思われる剣士に対し負けている描写しかなく、世界一の大剣豪と言われる人物には足元にも及びませんでした。
これなら、悪魔の実の能力者になるより市販の刀剣を買って修行した方がマシになってしまいます。

スパスパの実の能力者は全身が鋼鉄の強度になり、このことは戦闘において有効ではと考えるかもしれませんが、これはまったくもって逆です。
実際、硬いものとはもろいです。
分かりやすい例を挙げるなら、ゴムはいくら曲げても元通りになりますが、ガラスはちょっとした衝撃ですぐに砕けてしまいます。
もしゴム製の人型模型と鋼鉄製の人型模型をお持ちでしたら、試しに高いところから落としてみてください。
ゴム製のものは大きな障害はないでしょうが、鋼鉄製のものは角が欠けたり、曲がったまま戻らなくなってしまう箇所が出てくることでしょう。
ですので、悪魔の実の能力を得るのなら固くなるより柔らかくなった方が便利と言えます。(柔らかくなることでの問題になることももちろんありますが)
鋼鉄の強度などという能力を万が一持ってしまうと、足の小指をぶつけただけで指先が欠けてしまったり、腕や足があらぬ方向に曲がったまま戻らないなどの、様々な障害を生むことになるでしょう。
特に刃物は刃先がとても薄く刃こぼれしやすい(欠けやすい)ので、硬いもの切ろうものなら自身の体が擦り傷だらけになってしまう恐れもあります。

また、スパスパの実の能力は攻撃的な利用に特化しすぎているため、就職先は殺し屋や用心棒ぐらいしか思い浮かびません。
刃物を扱う仕事はいっぱいあると思うかもせれませんが、それは現存する刃物を使うことで十分事足りていますし、刃物自体が比較的安価に手に入るのでスパスパの実の能力者が入り込む隙はありません。
そもそも全身が刃物であるスパスパの実の能力者は、他の人にとってまともに触れることもできず(切れてしまう恐れがあるので)、友達もそう簡単にはできないでしょう。(自然系悪魔の実の能力者などもそうだが)
躊躇せずにスパスパの実に触れる人なんて自然系の能力者ぐらいなものです。
そう言われてみると、作中スパスパの実の能力者は、スナスナの実(自然系悪魔の実)の能力者であるクロコダイルにしか心を開いていないようでした。

このようにスパスパの実は、食べてしまうと孤独な殺戮者へと堕落する可能性が大きいとても危険な悪魔の実と言えるでしょう。

作中で感じる疑問
・回転する刃物は別の能力な気が・・・

実生活での利用方法
・マグロの解体ショーの実演

能力まとめ
タイプ:超人系(パラミシア系)
初登場:190話
攻撃力:★★★☆☆
防御力:★★★☆☆
利用法:★☆☆☆☆
推定価格:1200万ベリー

悪魔の実図鑑19ページ(トゲトゲの実)へ
悪魔の実図鑑17ページ(イヌイヌの実 モデル“ダックスフント”)へ
原作に登場する悪魔の実一覧
組織別悪魔の実の能力者一覧
悪魔の実の推定価格一覧