悪魔の実の能力の遺伝に関する考察

いきなりですが、みなさんは悪魔の実の能力が遺伝すると思いますか?

私が考えるに悪魔の実は遺伝しないと思います。
しかし、そうでも考えないとおかしな点があるので少し考察していきたいと思います。

アラバスタ王国の守護神はジャッカルとファルコンであり、城の前に立派な像などが作られています。
この守護神であるジャッカルとファルコンと、チャカとペルの悪魔の実の能力が一致していることは、たまたまにしては“出来すぎ”です。

2015-12-07 00-11-54-702
画像引用:ONE PIECE 単行本22巻

チャカとペルが能力者になってから石像が作られたという可能性も考えられますが、これはまずありません。
過去の例から見て個人の石像や銅像が作られるには、対象になる人物にそれなりの地位と業績が必要であり、ほとんどの場合これらの像は対象の人物が年老いてからか死後に作られます。
国王ならまだしも、守備隊副官の地位でまだまだ若い2人の像が国の守護神として建てられるとは到底思えません。
つまり、チャカやペルが能力者になるずっと以前からアラバスタ王国の守護神はジャッカルとファルコンであったと予想できます。(というより、あの像は個人に対しての像ではなく、あくまでジャッカルとファルコンそのものに対する像にも思えます。)

昔からアラバスタ王国ではジャッカルとファルコンが守護神である事実と、チャカとペルの能力がそれぞれイヌイヌの実 モデル“ジャッカル”とトリトリの実 モデル“ファルコン”であるという事実は、アラバスタ王国でこの2つの悪魔の実の能力を受け継いでいる可能性が極めて高いことを物語っているのです。
この受け継ぐ方法が遺伝なのかどうかは分かりませんが、悪魔の実の能力とは何らかの方法で受け継げる能力であるということが想定されます。

※当記事は2012年9月25日に書いたものを再編集したものです。