悪魔の実図鑑 34ページ 【ヨミヨミの実】

ヨミヨミの実
能力者:ブルック(鼻唄のブルック)
所属:ルンバー海賊団(副船長)→ 麦わらの一味(音楽家)
能力:1度だけ黄泉の世界から蘇ることができる

2015-11-19 15-59-51-629
画像引用:ONE PIECE 単行本46巻
ヨミヨミの実は、
・事故などがあり万が一命を落とすようなことがあっても1度だけ人生をやり直せる
・戦闘においては、強力な敵に対して死を覚悟して突撃を仕掛ける
などの使い道を思い浮かべる人が多いかと思います。

しかしヨミヨミの実とは、もっと実用性がある悪魔の実であり、その実用性は全悪魔の実の中でもトップクラスです。
以下に、ヨミヨミの実の本当の能力と本来の使い方について説明していきたいと思います。

アニメ・漫画・小説などで、死んだ人が生き返るという物語が多々ありますが、このような作品で生き返った人はどのような状態で生き返るでしょう?
創作作品において人が生き返る場合、大抵は生前の“健康な状態”で生き返ります。
そもそもそうでなければ生き返る意味がありません。
例えば末期ガンの人がいて、末期ガンのまま生き返ったとしてもまたすぐに死んでしまうだけです。
なので、生き返る状態は健康な状態でなければ意味がないのです。
そしてこのような作品での生き返りとは、1度きりの人生やり直し的な意味で使われることが多いと思われます。

しかしヨミヨミの実の能力者は、作中どのような状態で復活したでしょう?
みなさん知っての通り、ガイコツの状態で復活しました。
これがどのようなことを意味しているかというと、ガイコツになっても生きられるということです。
ヨミヨミの実を使えば、普通に考えれば確実に死んでしまう状態でも生きることができるわけです。

ですので、もし末期ガンの人がこの能力を使えば、ガン自体は治らないかもしれないですが、ガンでも生きられる体を得ることができます。
このことは、ガンが治ったこととほとんど同じ意味を持ちます。(もしくはそれ以上の意味を持つ)

つまり、ヨミヨミの実とは不治の病を治せる唯一無二の万能薬と同じなのです。

ヨミヨミの実は、生前とりあえず食べておいて、何かあっても生き返られるなどという使い方をする悪魔の実ではありません。
ヨミヨミの実とは、不治の病にかかりどうしようもなくなったときに使うべき、とても貴重な悪魔の実と言えます。

もし若くして不治の病にかかった人気有名人などがいたら、ファンや民衆からヨミヨミの実を使うべきといった声が上がることでしょう。
逆に、ただの成金無勢がヨミヨミの実を使って生き返れば、命も金で買えるのかと大きな批判を浴びることになるでしょう。
いずれにせよ、ヨミヨミの実を自由に使える状況下になっても、それを使うかどうかは本人の意思とともに倫理問題や宗教観などの様々な問題が議論されることになるはずです。
このように人の命を扱えるヨミヨミの実は、民衆の心を大いに惑わす悪魔の実と言えます。

更にヨミヨミの実はガイコツの状態ですら生きることができるため、不死の能力も兼ね備えている可能性があります。
だとすると、それは不老不死の能力となり(不老の能力があるかは不明)、人類の悲願を実現するような夢の薬になる可能性があります。

このようにヨミヨミの実はとても価値があり、ひょっとすると“ひとつなぎの大秘宝”以上の価値がある悪魔の実かもしれません。
ただし死なないことが“幸せ”であると一概には言えないのですが・・・

作中で感じる疑問
・黄泉の世界なんてない

実生活での利用方法
・死を恐れず無鉄砲に生きてみる

能力まとめ
タイプ:超人系(パラミシア系)
初登場:443話
攻撃力:☆☆☆☆☆
防御力:☆☆☆☆☆
利用法:★★★★☆
推定価格:4億3000万ベリー

悪魔の実図鑑35ページ(ベリベリの実)へ
悪魔の実図鑑33ページ(ヤミヤミの実)へ
原作に登場する悪魔の実一覧
組織別悪魔の実の能力者一覧
悪魔の実の推定価格一覧