悪魔の実図鑑 58ページ 【ユキユキの実】

ユキユキの実
能力者:モネ
所属:ドンキホーテファミリー(幹部、スパイ)
能力:体を雪にできる

2015-12-01 05-33-48-304
画像引用:ONE PIECE 単行本69巻
ユキユキの実は、同じ自然系悪魔の実のヒエヒエの実と能力が似ていて、利用方法にも大きな違いはないでしょう。
ユキユキの実もヒエヒエの実も、基本的な攻撃方法は寒さ・冷たさを利用することもになるでしょうが、冷気そのものであるヒエヒエの実の攻撃に比べ、雪での攻撃は見劣りすると言わざるを得ません。
普通に考えて、雪の中に生き埋めにされるか氷漬けにされるかどちらがいいかと聞かれれば、多くの人はどっちも嫌だ! 雪の中に埋もれるほうがマシだと答えるはずです。
ユキユキの実は、冷やすことに関してはヒエヒエの実には適わないでしょうから、雪崩などで人や建物をのみ込んだり、吹雪を起こし敵の目をくらましたりと、雪の特性を活かした攻撃方法をしなければ、ヒエヒエの実と対等に渡り合うことは不可能と思われます。

ただし、ユキユキの実がヒエヒエの実より優っている部分があります。
それは、雪は氷よりも遊びに適しているということです。ヽ(*’0’*)ツ
氷でも、スケート、ワカサギ釣り、氷像作りなどの利用で遊ぶことができますが、雪は、雪だるまやかまくらを作ったり、雪合戦で遊んだりと、小さな子供が大喜びするに違いない遊びを提供してくれます。
クリスマスイブの夜に雪を降らせば、ロマンティックな雰囲気を漂わせるホワイトクリスマスにすることができ、子供だけではなく大人たちも大喜びするするかもしれません。(逆に嫉妬する人も増えるかもしれませんが・・・)
特に最近の日本では雪の降る機会が減っているので、喜ぶ人はそれなりに多そうです。

日本の首都である東京では、雪が降る日が大幅に減りました。(正確には積もるほどの雪が降る日が減った)
かつての東京では雪が10cm以上積もることも多かったすですが、2014年の2月8日に27cmの大雪が降るまで、16年間10cm以上の積雪はありませんでした。
かつての東京に雪が多かったと実感できる具体例を出しますと、忠臣蔵の討ち入りの日(1703年12月14日)も、桜田門外の変の日(1860年3月24日)も雪が降り、二・二六事件(1936年2月26日)の日には積雪量が35cmもあったそうです。
また、古い箱根駅伝(1月2日、3日)の映像を見ても、よく雪の降っているシーンを見かけます。
更に日本の中で最も北にある北海道でも、さっぽろ雪祭りでの雪不足がたびたび報じられています。

このような雪の不足は、スキー場などの雪が必ず必要な産業では死活問題となります。
こんな雪不足の時代に救世主となるのが、説明するまでもなくユキユキの実の能力者です。
全国にはスキー場が700箇所ほどあると言われていますが、この中から雪不足の著しいスキー場を探して雪を降らせて歩けば、数ヶ月で大きな収入を得ることができるでしょう。
その他にも雪に関するイベントは多数あるので、雪関係者?にはユキユキの実の能力者は重宝されること間違いなしです。
この利用法は冬にしか通用しないと思うでしょうが、北半球が夏のときは南半球は冬ですので、そちらに移動すれば1年を通してユキユキの実の能力を発揮することができます。
また、夏に雪に関するイベントをするのも涼しげで楽しいかもしれません。

このように、雪には子供を楽しませ、大人を童心に返すという能力がありますが、だからといって調子乗って雪を降らせすぎ、不要な交通網の混乱を引き起こすようなことだけはなさらぬようお願いします。(;^_^A

作中で感じる疑問
・牙で噛み付いてるシーンは雪というより氷

実生活での利用方法
・熱帯地域に住む人に雪を見せてあげる
・雨を夜更け過ぎに雪へと変えてみる
・生まれてきた娘にユキと名前を付ける
・雪印メグミルクに入社し、広告塔になってみる

能力まとめ
タイプ:自然系(ロギア系)
初登場:687話
攻撃力:★★★★☆
防御力:★★★★★
利用法:★★★★☆
推定価格:11億ベリー

悪魔の実図鑑59ページ(ブキブキの実)へ
悪魔の実図鑑57ページ(サラサラの実 モデル “アホロートル”)へ
原作に登場する悪魔の実一覧
組織別悪魔の実の能力者一覧
悪魔の実の推定価格一覧