悪魔の実図鑑 71ページ 【ヒラヒラの実】

ヒラヒラの実
能力者:ディアマンテ
所属:ドンキホーテファミリー(最高幹部)
能力:旗のようにはためくことができる

2015-12-12 19-25-39-044
画像引用:ONE PIECE 単行本74巻
悪魔の実などの特殊な能力で防御力を高めようとした場合、重く質量を増したほうがいいと考える人は多いと思います。
例えば、軽い木と重い鉄では鉄の方が固くて防御力がありそうです。
これはもちろん正しい解釈ではあるのですが、しかし軽さも極めればとてつもない防御力を発揮します。
例えば、バットで硬球を打ち返すことはできますが、綿毛などは打ち返したくともまともにバットに当たってくれません。
それどころか、ふわふわ動いてしまい手で掴み取ることすら困難な場合があります。
これは綿毛があまりにも軽いため、バットを振る時や、手を動かした時の風に反応して動いてしまうことが原因です。
以上のことを考えると、ヒラヒラの実もヒラヒラしてとても攻撃を受けにくいことがわかります。(このことは当図鑑の6ページでも言及しています)
更にヒラヒラの実の能力では、硬さを保ったまま旗のようにはためくことができるので(鉄などもはためかすことができる)、高い攻撃回避能力と頑丈な防御力の両方を同時に備えることが可能かと思われます。
ヒラヒラの実の能力は高い防御力が備わる一方、攻撃面ではヒラヒラしたところで大したことはないと思うかもしれません。
しかし、勢いよく振ったムチの先端の速度が音速を超えるように、長い旗もはためかせれば先端の速度はかなりのものとなり、それなりの攻撃力を持つことは可能と考えられます。

このように防御にも攻撃にも使えるヒラヒラの実ですが、実用面での利用はあまり考えられません。
強いて言えば、風まかせに飛んで自由気まままな旅をすることなどに使えそうですが、落ちたところが海や川の上だったら一大事です。(能力者は必ずカナヅチになる)

それ以外の使い道では、妖怪“一反木綿”の形態模写に利用できます。
日本では、何年かに一度妖怪のブームが起きるので、この時にヒラヒラの実の能力を発揮すれば一躍人気者になれること間違いなしですね。(;^_^A

作中で感じる疑問
・ハタハタの実じゃないの?(秋田県の県魚“ハタハタ”に気を使ったのかな)

実生活で利用するなら?
・応援旗となり、身を張って応援してみる
・追い風の時に走り幅跳びのギネス記録に挑戦する

能力まとめ
タイプ:超人系(パラミシア系)
初登場:736話
攻撃力:★★☆☆☆
防御力:★★★★☆
利用法:★☆☆☆☆
推定価格:7500万ベリー

悪魔の実図鑑72ページ(イシイシの実)へ
悪魔の実図鑑70ページ(スイスイの実)へ
原作に登場する悪魔の実一覧
組織別悪魔の実の能力者一覧
悪魔の実の推定価格一覧