悪魔の実図鑑 付録16ページ 【モドモドの実】

モドモドの実
能力者:アイン
所属:NEO海軍(幹部)
能力:触れた物の時間を12年間戻す

モドモドの実の能力は、物にも効果がありますが、主に生物に対して使うことが多いと思われ、戻すというより若返りの能力と考えたほうがいいかと思います。
また、時間が戻るの1回だけではなく、触れば触るほど12年間時間が戻り、生物が生まれる前まで戻ると消滅してしまいます。

戦闘でもこの若返りの能力は強力です。
当記事を読んでいる人の年齢はわかりませんが、おそらくモドモドの実の能力を1、2回使われるだけで相当戦闘能力が低下すると思われます。
3回使われた場合は、戦闘能力の低下どころか消滅する人も多数出てくるでしょう。
ただ、能力を発動する際は相手に近づいて直接触らなければいけないので、最低限の戦闘能力は有している必要があるかもしれません。
相手との戦闘能力に差があり近づくのが難しい場合は、策を練って近づくこと良い方法となります。
発動条件は触れるだけなので、自身の能力が相手に分かっていなければ、能力の発動はそう難しくくないでしょう。

ただ注意すべき点があります。
それは、若返りの能力を発動した場合、相手が強くなる可能性も多分にあるということです。
20代ぐらいの人なら1度能力を発動すれば大抵戦闘能力が下がるでしょうが、30代ではどっちに転ぶか分かりませんし、40代以降はむしろ強くなる事の方が多いでしょう。
2回3回と能力を発動すれば、結局戦闘能力を低下させることができますが、1度でもこの能力を受けた人は、警戒してそう何度も若返り攻撃を受けることはないでしょう。(自分が戻りたい年齢まではわざと若返りの攻撃を受けるかもしれない)

実生活では、老朽化した橋など整備にも使えます。
またこの能力を利用すれば、考古学が劇的に進展するでしょうし、化石の時間戻して生物が生き返らすことができるのならば、生物学の分野も一気に進展することでしょう。
とはいえ、この能力の乱用には問題があるかもしれません。
1度時間を戻した物は、もう二度と元には戻らないのですから、時間を戻す能力利用は慎重にならざるを得ません。
場合によっては、この能力を使用するかしないか国民的な議論が展開される可能性すら考えられます。

ただ、この能力の利用を求める人は後を絶たないものと思われます。
12年間ごとに若返りの能力を使えば、他人に対して不老の能力を与えることができます。
しかも、この能力により若返っても記憶はそのまま継承されるので、知識や経験は永遠に蓄積することができます。
しかし、自分自身には若返りの能力が効かないので、モドモドの実の能力者は周りの人だけが歳を取らず自分だけが老いていくという、何とも虚しい人生を歩むことになるのかもしれません。

こんなマイナス面のあるモドモドの実ですが、現在ONE PIECEの読者層は20代から30代が中心で、なおかつ女性読者の割合がとても高いと言われています。
このような読者層を考えると、1回ぐらいモドモドの実の能力を受けたみたいと思う人が大多数なのかもしれませんね。(;^_^A

作中での疑問点
・なぜ12年?

実生活での利用方法
・割った茶碗・花瓶を元に戻す(ただし製造から12年以上経っているものに限る)
・なぜかバカに成長してしまった人に一から勉強し直すチャンスを与える

能力まとめ
タイプ:超人系(パラミシア系)
初登場:劇場版アニメ12作目(FILM Z)
攻撃力:★★★★☆
防御力:☆☆☆☆☆
利用法:★★★★★
推定価格:1000億ベリー※
※1億円で12歳若返れますと宣伝したとして、おそらく世界中の大金持ちが数千人から数万人は集まると思われる。

悪魔の実図鑑付録17ページ(モサモサの実)へ
悪魔の実図鑑付録15ページ(コピコピの実)へ
原作以外に登場する悪魔の実一覧